不眠症対策と睡眠薬の館TOP > 不眠症解消の方法とは? > アモバンの副作用や効き目とは?

アモバンの副作用と効果

 

アモバンは副作用がもちろんあります。
これはハルシオンと一緒です。どちらも心療内科や精神科などの病院(メンタルクリニック)だけではなく、内科でも簡単に処方されますが、その危険性を知っておく必要があります。

アモバンはベンゾジアゼピン受容体作動薬に属しますが、非ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤です。このへんは専門的なので割愛しますが、いちおうベンゾジアゼピン系の睡眠薬ということになっています。別名をゾピクロンといいます。

アモバンは、ハルシオンとほぼ同様の作用と副作用を持っていると考えてよいでしょう。超短時間作用型の睡眠導入剤に属し、血中半減期が短いという特徴があります。すぐに眠くなりますが、血中濃度も短時間で薄まるので、翌日に持ち越すことはほとんどありません。

アモバンは苦い

アモバンの副作用というか欠点として、苦味があります。
飲んだ人は一様に、訴える症状です。まさに良薬は口に苦しですね。アモバンの錠剤を飲んでも、胃からこみ上げてくる感じがします。

それだけではなく、唾液からも苦味が染み出てくるのです。
この苦味は、アモバンの副作用の、ほんの一部です。

健忘(物忘れ)の症状

アモバンの副作用としては、寝る前の服用後の記憶がなくなる「健忘」の可能性があることです。そのため、やるべきことはすべて完了してから服用し、すぐに布団に入ることが大切です。

30分以内に寝床に入るように心がけないと、布団に入る前に眠ってしまう可能性があります。

夢遊病の症状

アモバンの副作用は、ハルシオンと同様ですから、中途覚醒と夢遊病(睡眠時遊行症)にも気をつけなければなりません。夢遊病とは言うまでもなく、夜中に意思に相違して起き出して、歩き出したりする睡眠障害。目はうつろで、周りが話しかけても、いっこうに目覚めません。体が動くということは、深いノンレム睡眠に入っているので、意識がないのです。

ハルシオンの睡眠薬でも問題になりましたが、アモバンで夢遊病になると、人に危害を加えたり、車を運転して事故をおこしたりする危険性があります。夜中にものを食べ出したりすることもあります。しかし本人は全然覚えていないのです。海外ではハルシオンの常用者が、夢遊病の最中に母親を銃で射殺してしまった事件がありました。もちろん無意識です。

アモバンの副作用は、このように中途覚醒して夢遊病の症状を起こすことです。
もし短時間で起き出して仕事をする必要がある人は、アモバンを服用しないほうがよいでしょう。たとえば夜勤(三交代勤務)で工場で働いている人、看護士、警察官、警備員などです。

とくに工場で働いている人で、休憩時間にアモバンやハルシオンの薬を飲んで、仮眠するようなことは絶対に避けましょう。短時間で起き出して仕事をすると、意識がもうろうとして、また足元がふらついて、重大な事故を起こす危険があります。

アモバンと依存性

アモバンの副作用として、依存性があります。
ハルシオンの睡眠薬でもそうですが、即効性があるために、どうしても眠れない夜に手が出てしまうようになります。

そうなると医師から出される睡眠薬だけでは足りず、ほかの病院を渡り歩いて、勝手に睡眠薬をたくさんもらう「ドクターショッピング」をしたりする人が出てきます。ここまでは、担当の医師は管理できません。超短時間作用型のアモバンやマイスリー、ハルシオンを多めに服用しても、効果が倍増するわけではありません。

いったん依存性が生じると、いざ服用をやめようとしたときに反跳性不眠が現れます。これはアモバンの睡眠薬を服用する前よりも、もっとひどい不眠が現れるということです。このような薬物依存性睡眠障害は、日本ではけっこう多いといわれています。無理にやめようとすると禁断症状(離脱症状)がおきるので、慎重にしなければなりません。

そのほかのアモバンの副作用

そのほかアモバンの副作用や注意点としては、以下のようなものがあります。

  • アルコールと一緒に飲むと健忘が強く出る
  • 高齢者は足元がふらついて、骨折の危険がある
  • 翌日まで眠気が残ることがある
  • 妊娠前、妊娠中、授乳中は使用しない(妊婦には禁忌)
  • 長期間、漫然と服用していると依存性が生じる
  • 重症筋無力症や急性緑内障がある場合は服用しない
  • 呼吸器関連、脳や内臓の病気がある人も服用しない

アモバンの副作用を熟知した上で、医師の指示に従って、短期間に限定して使用するぶんには大丈夫だとは思います。ただ睡眠薬には夢遊病の危険が付きまといますので、できれば不眠症対策としては睡眠薬は使用したくないものです。

インターネット上には、睡眠薬を使用しなくても、その日のうちにすぐに眠れる方法が存在します。そういった方法を参考にしてみるのもよいと思います。

睡眠薬を必要としない不眠症対策とは?↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら