不眠症対策と睡眠薬の館TOP > 不眠症解消の方法とは? > 睡眠薬の種類と強さとは?

睡眠薬の種類や強さについて

 

睡眠薬は種類と強さがさまざまです。
薬の作用時間が短いものから、長く作用するものまで、大きく4種類に分類されています。

作用時間が短い睡眠薬の種類は、寝付けない入眠障害の患者さんに処方されます。すぐに眠くなる反面、作用時間が短いために翌日はスッキリと目覚めることができます。ただし睡眠薬を飲んだ後の記憶や、中途覚醒したときの記憶がなくなる副作用(健忘)があります。

いっぽう作用時間が長めの睡眠薬の種類は、中途覚醒や早朝覚醒、うつ病、統合失調症(精神分裂病)などの患者さんに処方されます。寝入ることはできるものの、夜中に目覚める中途覚醒や、早朝覚醒といった睡眠障害がある場合に使用されます。こちらは物忘れはないものの、翌日のふらつきなどの「持ち越し効果」があります。

睡眠薬の種類と強さの分類は、大きく分けて以下のようになっています。

超短時間作用型
ハルシオン、アモバン、マイスリー...
短時間作用型
レンドルミン、リスミー、エバミール、ロラメット、デパス...
中間時間作用型
ドラール、ネルボン、エリミン、ベンザリン、ユーロジン...
長時間作用型
ネルガート、インスミン、ダルメート、ベノジール...

現在はベンゾジアゼピン系の睡眠薬の種類

睡眠薬の種類と強さに関しては、現在はベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤が主流です。昔はバルビタール系が主流だったのですが、危険ということで使われていません。バルビツール系の薬剤は、生命維持装置である脳幹に直接作用していたので、呼吸ができなくなったり、血圧が急激に下がったりする危険な薬だったのです。

また、耐性ができやすいために、すぐに常用量をオーバーしてしまい、致死量に達する服用をする危険がありました。自殺目的で睡眠薬を使用することもありましたが、これはすべてバルビタール系の薬です。

ベンゾジアゼピン系受容体作動薬は、大脳辺縁系を鎮めることによってリラックスし、緊張を和らげるタイプのお薬です。こちらの副作用は以前と比べると、あまりないと言われていますが、じつは重大な副作用はあります。アモバンやハルシオンの夢遊病などです。そのため、医師の指示に従って使用することが大切です。

血中半減期によって、睡眠薬の強さが決まる

睡眠薬の種類と強さは、薬剤の血中濃度が半分になる「血中半減期」によって分類できます。ハルシオンやアモバンなどの超短時間作用型の睡眠薬は、1時間前後で効いてきます。即効性という観点で言えば、強い睡眠薬です。しかし持続性という観点で言えば、睡眠薬の効力は弱いといえます。

作用時間が延びるにつれて、血中半減期になるまでの時間が遅くなります。
そのため寝入りばなには効き目が弱くなりますが、時間がたつにつれて、だんだんと効果が現れてきます。そのため中間時間作用型や長時間作用型は、翌日の精神運動能力に影響が出てきます。つまり眠気や足元のふらつきなどです。

高齢者の場合、短時間作用型の薬を服用すると、物忘れ(健忘)が現れやすくなります。かといって長時間作用型の睡眠薬を服用すると、翌日のふらつきがでてきます。転倒して大腿骨を骨折するという危険性があります。

睡眠薬の種類と強さはさまざまですが、うつ病や統合失調症(精神分裂病)の患者さんなどには、作用時間が長めのタイプを使用します。そのほうが翌日ずっと不安感を抑制できるからです。もともと、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、抗不安薬であり、精神安定剤の一種なのです。そのなかで鎮静作用、催眠作用のとくに強いものを睡眠薬として処方しているわけです。

睡眠薬は種類によって強さが異なりますが、同じ薬剤を一度にたくさん飲んだからといって、効果が倍増するわけではありません。それどころか決められた用量を越えた服用は、依存性を生じるので注意が必要です。

睡眠薬を必要としない不眠症対策とは?↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら