不眠症対策と睡眠薬の館TOP > 不眠症解消の方法とは? > マイスリーの副作用と効果とは?

マイスリーの副作用と効果について

 

マイスリーの副作用や効果について解説します。

マイスリーとは超短時間作用型に属する、ベンゾジアゼピン作動睡眠薬です。
日本で一番売れているといわれる睡眠薬です。専門的にいうと非ベンゾジアゼピン系に属する薬剤で、別名をゾルピデムといいます。ベンゾジアゼピン受容体に選択的に作用するので、催眠作用に特化した効果が期待できます。

マイスリーは副作用があまりない

ふつう睡眠薬というと、催眠作用や鎮静作用のほか、抗不安、筋弛緩、抗痙攣作用も伴うものですが、マイスリーは催眠作用だけを引き起こすわけです。そのため朝、筋肉に力が入らずにふらつくという副作用が少なくなります。

睡眠薬のハルシオンというと、夢遊病などを発症する危険な薬物というイメージがあります。マイスリーは、ハルシオンと同様に超短時間作用型に分類されながらも、ハルシオンほどの副作用はないといわれています。そのためハルシオンの副作用や危険性を熟知している精神科の医師などは、マイスリーを処方することが多いようです。

マイスリーの効果は前述したように、筋弛緩作用を起こさないので、翌日のふらつきが軽減されます。お年寄りのふらつきは、転倒、骨折の事故につながりかねませんが、その危険がグッと減るわけです。

マイスリーの副作用とは?

もちろん、マイスリーにも副作用があります。
筋弛緩作用があるとはいえ、人によっては翌日のふらつきが出ることもあります。また、物忘れ(健忘)が起きることもあります。

マイスリーの効果は安全と言われてはいますが、それは「ハルシオンやアモバンに比べて安全」という意味です。FDA(アメリカ食品医薬品局)によれば、睡眠中の夢遊病症状や健忘も起こる可能性があるといわれています。マイスリーにも副作用や危険性があるということです。

マイスリーは副作用が、ハルシオンよりも緩やかなせいか、人によっては効き目が弱いようです。つまり睡眠前に服用しても、あまり眠くならないケースがあるということですね。またマイスリーはハルシオンなどよりも、値段が高いという欠点があります。

マイスリーの副作用が心配な人

以下のようなケースは、マイスリーの副作用の危険があるので、使用を控えましょう。いずれにしても医師に、すべて告げることです。

  • 妊娠中の人
  • 重症筋無力症
  • 急性緑内障(閉塞隅角タイプ)
  • 呼吸器疾患
  • 内臓の病気、脳の病気
  • 夜勤の人
  • 短時間で起き出す人
  • アルコール依存症の人

安全性の高いマイスリーといえども、長期連用していると耐性がついてきます。
このときに急に服用を中止しようとすると反跳性不眠が生じて、服用前よりも深刻な不眠症が生じることがあります。短期間に限って不眠症対策として、医師の指示通りに服用することが大切です。

また副作用の少ないといわれるマイスリーですが、夜勤の人は飲まないほうがよいでしょう。とくにマイカー出勤をしている人や、工場勤務の人は、交通事故を起こしたり、機械の操作ミスなどの産業事故を起こす危険があります。出勤前や仕事中の「ちょっとした仮眠」には、使用してはいけないということです。

マイスリーを服用して途中で起き出すと、ハルシオンやアモバンと同様に、記憶を失って、その間のことを覚えていないという副作用が起きることがあります。

睡眠薬を必要としない不眠症対策とは?↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら